子どもの頃の夢 形を変えて叶えました

大学で学んだことを100%活かせる仕事に

私は現在、リプロセルの技術部に所属し、世界の再生医療研究の飛躍を目指し、事業に取り組んでいます。

 私の家庭は、父も母も医療関係者。幼いころから、看護師だった母の背中をみて育ってきていたので、物心ついたときには「将来の夢は看護師だ」と思ってきました。 しかし、そんな中で高校生物の授業に出てきた「カエルの胚発生」を学んだとき、それがとても面白くて自分の中で強く魅かれるものがありました。「この学問を深めたい」。そう感じた私は。そこからは発生学の道へと、看護師からは大きく方向転換。それを学べる大学に進学することになりました。

大学で学んだことを100%活かせる仕事に

 発生も含めて、生き物の複雑な仕組みに強い興味をもっていたので、大学では生物部に所属するなど、生物学を学ぶことに没頭してきました。当時専攻していたのは、もちろん発生学です。卒業研究では、生殖細胞と体細胞の初期化の比較研究を実施しました。
 そして、同時に行う就職活動中に、ふと見つけたのがリプロセルです。リプロセルで行っている事業は、まさに自分がやってきた興味のある分野でした。そのため、なんとしても「ここに就職したい!」と、期待と憧れを抱き、意気込んでいました。iPS細胞から様々な組織を育てていく過程は、まさに発生の分野です。なんとしてもここに就職したいと考えていた私は、「バイトからでもいいのでやらせてください!」と、面接で熱意交渉で頼み込み、願い叶ってリプロセルに入社することになりました。

リプロセルという場から 再生医療研究の改革へ

リプロセルという場から 再生医療研究の改革へ

 リプロセルに入社して最初の仕事は、培地などの試薬製造や細胞培養、検定を実施してのデータシート作製などでした。これらの業務、特に細胞培養については、単純作業でもありつつ、非常に熟練した技術を必要とします。iPS細胞の継代培養に関して言えば、ピペットを使って新しいディッシュに移す際、絶妙な力加減でディッシュの底に当て、固まった細胞を砕く必要があります。砕きすぎてもダメなんです。iPS細胞は、特殊なケースを除き、基本的にシングルセルでの生存は困難です。そのような大学時代から学んできた専門的な知識や経験が今に直結し、役立てることができていると思います。

 全ては世界の再生医療研究が円滑に進むようにするため。かつて憧れていた看護師のように、医療の現場で直接患者さんに触れることはありませんが、今の私は再生医療研究を通して、患者さんに貢献することができる立場に立ちました。またリプロセルは女性も多く、また20代のメンバーもたくさんいて、平均年齢が若い会社です。歳が近い人もたくさんいるから、話もしやすいです。だからこそ、一緒に楽しみながら頑張れる。これから一人でも多くの疾病患者さんを救うために、リプロセルという場所から、世界の再生医療研究を改革することに尽くしていきたいと思います。

田村 健一 再生医療グループ 2014年入社

高井 正人 営業・マーケティング部

郷原 茜 技術部