クロスマッチ検査

製品分類 : 臨床検査サービス

クロスマッチ検査

検査概要

検査概要

フローサイトクロスマッチ検査(FCXM) 【移植前】

ドナーリンパ球/レシピエント血清を直接生体反応させて、レシピエント血清中のDSAの有無を確認します。
抗HLA抗体検査とフローサイトクロスマッチ検査を組み合わせることで、高感度で抗HLA抗体の有無を検出できます。これらの検査で陽性が出た場合、抗HLA抗体シングル抗原同定検査により、検出された抗HLA抗体がドナー特異的か否かの同定を行うことができます。

ICFAクロスマッチ検査【移植前】/【移植後】

ICFA法はLuminex を用いた第3世代のクロスマッチ検査法です。従来のLCT 法やFCXM 法の場合、ドナー候補リンパ球を用いるためHLA 抗原以外のリンパ球表面抗原と反応する抗体(非特異抗体)とHLA 抗体を区別することが困難でした。しかし、ICFA 法はモノクローナル抗体を用いて抗原抗体複合体を捕まえるため特異性は高く抗HLA抗体以外の抗体は検出しません。
また、ICFA法では移植前に投与したリツキサンの影響を受けないのでHLAの抗体の有無を正確に測定出来ます。

主要機器一覧

実績

検査受託実績(2010.09現在)

検査受託実績

受託検査リスト

臓器移植・造血幹細胞移植用検査

フローサイトクロスマッチ検査(FCXM)

血清学的検査よりも高感度に抗体を検出し、補体非依存性抗体検出を可能とします

ICFAクロスマッチ検査

モノクローナル抗体を用いて抗原抗体複合体を捕まえるため抗HLA抗体に対する特異性が高いです