IPS-Spheres

製品分類 : 3D培養基材研究テーマ : ES/iPS細胞, 3次元培養・共培養

IPS Spheres

製 品 概 要


≪細胞播種と培地交換だけで簡単にヒトiPS細胞のスフェア培養が可能!≫

≪特徴≫

 ・簡易な操作でヒトiPS細胞の大量培養が可能
 ・静置培養、振とう培養、そしてバイオリアクターを用いた培養にも適応
 ・心筋、神経、血管細胞等への分化誘導の実績多数あり


 この製品のポイント

ラミニンコートしたマイクロキャリアにヒトiPS細胞が接着し、マイクロキャリア同士が融合することで、iPS細胞のスフェアが形成されます。
 さらに、そのまま心筋や神経細胞に分化させることが可能です。

 ヒトiPS細胞の大量培養が可能

1.0×106cellsのヒトiPS細胞を20mgのIPS-Spheresを含んだ 5mLのiPS細胞未分化維持培地に懸濁。その後、低吸着6ウェルプレートに播種し7日間培養します。


細胞株:HES-3
培地: mTeSR1
*味の素社製StemFit® AK02Nでも培養可能

 三胚葉への分化能



IPS-Spheresを用いて培養したヒトiPS細胞はマイクロキャリアごと三胚葉へと分化誘導することができます。

※ 細胞株:HES-3


 大量かつ効率よくヒトiPS細胞由来心筋細胞への分化誘導が可能


IPS-Spheresに接着させたままヒトiPS細胞から心筋細胞へと分化誘導することができます。高収量、高効率にヒトiPS細胞由来心筋細胞を得ることができます。

細胞株:HES-3
免疫染色:
 赤色;cMHC
 青色;DAPI

■ 製品リスト・価格

品番 製品名 希望小売価格(税抜)
BR-01S-050 IPS-Spheres (50 mg) ¥70,000
BR-01S-150 IPS-Spheres (150 mg) ¥190,000

■ 関連製品

製品名・概要
StemFit® AK02N
高性能・世界最高水準のヒトiPS細胞用フィーダーレス培地。味の素株式会社と京都大学iPS細胞研究所で共同開発した再生医療の臨床研究用の培地です。
NutriStem™ XF/FF
Xeno-freeな、ヒトES/iPS細胞用未分化維持培地
StainAlive™
StainAlive™は、細胞を固定せず生きたまま免疫染色することができ、短時間の簡便な操作で未分化状態を確認することができます。

論文

  • Lam AT et al. ‘Integrated processes for expansion and differentiation of human pluripotent stem cells in suspended microcarriers cultures’ Biochem Biophys Res Commun. 2016 May 6; 473(3): 764-8.
  • Lam AT et al. ‘Conjoint propagation and differentiation of human embryonic stem cells to cardiomyocytes in a defined microcarrier spinner culture’. Stem Cell Res Ther. 2014 Sep 15;5(5):110.
  • Lam AT et al. ‘Improved Human Pluripotent Stem Cell Attachment and Spreading on Xeno-Free Laminin-521-Coated Microcarriers Results in Efficient Growth in Agitated Cultures’. Biores Open Access. 2015 Apr 1;4(1):242-57.
  • Brady J et al. ‘Microcarrier suspension cultures for high-density expansion and differentiation of human pluripotent stem cells to neural progenitor cells’. Tissue Eng Part C Methods. 2013 Feb;19(2):166-80.
  • Sivalingam J et al., ‘Superior Red Blood Cell Generation from Human Pluripotent Stem Cells Through a Novel Microcarrier-Based Embryoid Body Platform’. Tissue Eng Part C. 2016

製品安全データシート