iMatrix-511

製品分類 : ヒトES/iPSC-培養試薬研究テーマ : ES/iPS細胞

iMatrix
製品概要

≪従来法よりも簡便・効率的なES/iPS細胞の培養を可能にする培養用基質≫

≪特徴≫

 ・StemFit AK02Nなどのフィーダーレス培地との相性が良好。
 ・iPS細胞の樹立など幅広いアプリケーションにも使用可能。
 ・全ロットで、ヒトiPS細胞による培養試験を行っておりますので、安心してお使いいただけます。
 ・本製品は(株)ニッピ製造、(株)マトリクソーム販売製品です。

 

※保存温度:2~15℃


≪使用方法≫


製品リスト

品番 製品名 希望小売価格(税抜)
NP892-011 iMatrix-511(350 ug):(175 ug x 2本/箱) ¥28,000
NP892-012 iMatrix-511(1050 ug):(175 ug x 6本/箱) ¥72,000

関連製品

≪ヒトES/iPS細胞のフィーダーレス培養試薬≫

製品名・概要
StemFitR AK02N
高性能・世界最高水準のヒトiPS細胞用フィーダーレス培地。味の素株式会社と京都大学iPS細胞研究所で共同開発した再生医療の臨床研究用の培地です。
ReproXF
ヒトES細胞、ヒトiPS細胞用のXeno-Free (ゼノフリー) 培地。コーティング剤、剥離液とともに、動物由来成分のない完全なXeno-Free培養システムが実現できます。
ReproFF2
ヒトES細胞、ヒトiPS細胞用のフィーダーレス培養用培地です。培養作業は月・水・金のみですみ、培地使用量が約半分になります。
ReproFF
オンフィーダー培養と同じ感覚で、簡単にフィーダレス培養が可能。ロット単位のまとめ買いに最適な大変お得な5本セット (25%OFF) もございます。
NutriStem™ XF/FF
Xeno-freeな、ヒトES/iPS細胞用未分化維持培地

≪RNAリプログラミング試薬≫

製品名・概要
次世代mRNAリプログラミング法(線維芽細胞用)
従来法に比べ樹立効率が高く、かつ樹立期間も短縮できるリプログラミング法です。
次世代Self-Replicative RNAリプログラミング法(血液、線維芽細胞用)
血液からもRNAを使用したiPS細胞の樹立が可能なリプログラミング試薬です。

製品安全データシート

プロトコル

文献

  • Miner, JH and Yurchenco, PD Laminin functions in tissue morphogenesis. Annu. Rev. Cell Dev. Biol. 20, 255-284 (2004).
  • Ido H, Harada K, Futaki S, Hayashi Y, Nishiuchi R, Natsuka Y, Li S, Wada Y, Combs AC, Ervasti JM and Sekiguchi K. Molecular dissection of the alpha-dystroglycan- and integrin-binding sites within the globular domain of human laminin-10. J. Biol. Chem. 279, 10946-10954 (2004).
  • Ido H, Nakamura A, Kobayashi R, Ito S, Li S, Futaki S and Sekiguchi K. The requirement of the glutamic acid residue at the third position from the carboxyl termini of the laminin gamma chains in integrin binding by laminins. J. Biol. Chem. 282, 11144-11154 (2007).
  • Taniguchi Y, Ido H, Sanzen N, Hayashi M, Sato-Nishiuchi R, Futaki S and Sekiguchi K. The C-terminal region of laminin beta chains modulates the integrin binding affinities of laminins. J. Biol. Chem. 284, 7820-7831 (2009).
  • Miyazaki T, Futaki S, Suemori H, Taniguchi Y, Yamada M, Kawasaki M, Hayashi M, Kumagai H, Nakatsuji N, Sekiguchi K and Kawase E. Laminin E8 fragments support efficient adhesion and expansion of dissociated human pluripotent stem cells. Nat. Commun. 3, 1236 (2012).