ラット下部消化管GLP-1分泌細胞

製品分類 : ラットGLP-1/GIP分泌細胞研究テーマ : 糖尿病

ラット下部消化管GLP-1分泌細胞

創薬における化合物評価に最適化したGLP-1分泌初代培養細胞です。

【特徴】

  • 難取得細胞として知られていたadult Rat(SD、8週齢、オス)から調製した初代培養細胞です。
  • 96ウェルプレートなどに播種し化合物評価等の細胞機能性試験にご使用いただけます。
  • 細胞、培地、陽性コントロール、プレートのお得なキットです。

概要

ラット下部消化管GLP-1分泌細胞:本細胞画分はラット下部消化管GLP-1分泌初代培養細胞を含む細胞画分です(純化細胞ではなく粗画分です)。本細胞画分はグルコース、リノール酸、リトコール酸等に応答してGLP-1を分泌し、上清中のGLP-1濃度は、市販のGLP-1測定キットの検出レベルに達します。本細胞は凍結品としてバイアルに封入しお届けします。研究室で96ウェルプレートなどに播種し培養していただきました後、添付の専用培地Bで被検化合物などを溶解・希釈するなどして細胞機能性試験にご使用いただけます。糖尿病研究等において、目的化合物がGLP-1分泌活性を有するかなどの検討に適した細胞画分です。

ラット下部消化管GLP-1分泌初代培養細胞

データ

データ

  1. 5.6 mM Glucose (control)
  2. 25 mM Glucose
  3. 10 uM Lithocholic acid acid (w/ 5.6 mM Glucose )
  4. 100 uM Lithocholic acid acid (w/ 5.6 mM Glucose )
  5. 10 uM Linoleic acid (w/ 5.6 mM Glucose )
  6. 100 uM Linoleic acid (w/ 5.6 mM Glucose

発表実績

  • Sunao Hisada, Takuji Kataoka, Yoshinori Mizuguchi (Hamamatsu Photonics K.K.), Persmark Magnus, Michael O’Grady (Life Technologies Corporation) and Yasuyuki Asai (ReproCELL Inc.); Luminescence Assay Using Rat Lower Intestinal GLP-1 Secreting Primary Cultured Cell Being Transfected BacMam Aequorin with Hamamatsu FDSS7000, SBS annual conference 2010 (Phoenix, USA)

製品のリスト・価格

価格表

品番 製品名 希望小売価格(税抜)
RCPCC008 ラット下部消化管GLP-1細胞キット ¥120,000
納期:2週間

キット構成

  • ラット下部消化管初代培養細胞 :2×107 cells
  • 専用培地A :100mL
  • 専用培地B :100mL
  • リノール酸(100 mM DMSO溶液) :500 μL
  • リトコール酸(100 mM DMSO溶液) :500 μL
  • 96ウェルプレート:アッセイ用1枚、上清保存用1枚

関連製品

品番 製品名 希望小売価格(税抜)
RCPCC021 GLP-1 assay service お問い合わせ下さい
RCPCC022 GIP assay service お問い合わせ下さい
RCPCC004 Medium A for GLP-1 ¥7,000
RCPCC005 Medium B for GLP-1 ¥7,000
RCPCC007 Medium C for GLP-1 ¥7,000
RCPCC012 Rat GIP cell kit ¥120,000
RCPCC015 Medium A for GIP ¥7,000
RCPCC016 Medium B for GIP ¥7,000
RCPCC017 Medium C for GIP ¥7,000