ReproCardio 2™

製品分類 : ヒトiPSC-心筋細胞研究テーマ : 安全性試験, 心疾患, 病態解明, 薬効試験, 電気生理学

ReproCardio 2
製品概要

≪ヒトiPS細胞由来の凍結心筋細胞≫

ReproCardio 2™は、様々な用途に使用できる、利便性の高い凍結心筋細胞です。実験の目的に応じて細胞の播種・培養方法を変え、ご希望のアッセイにお使いいただけます。

 
・ 細胞外電位測定 ・ 細胞内カルシウムイメージング ・ パッチクランプ
・ 膜電位測定 ・ モーション解析

≪特徴≫

  • 凍結させたヒトiPS細胞由来心筋細胞です。
  • 心筋特異的なイオンチャネルなどの遺伝子を発現しています。
  • 心毒性テストや創薬スクリーニングをin-vitroで効率良く行う事ができます。
  • 複数の既知化合物による心毒性を検出可能です。

※保存温度:液体窒素


≪キャラクタライゼーション≫

心筋特異的マーカー遺伝子の発現確認

MLC-2A

MLC-2A

Myosin light chain specific for the atrium of the mammalian heart.

MLC-2V

MLC-2V

Myosin light chain specific for the ventricle of the mammalian heart.

alpha-MHC

alpha-MHC

Myosin heavy chain which is mainly expressed in the atrium of the heart.

beta-MHC

beta-MHC

Myosin heavy chain beta which is mainly expressed in the ventricle of the heart.

cTnT

cTnT

Cardiac troponin T, a component of troponin complex necessary for contraction

Cx43

Cx43

Connexin 43, the main cardiac connexin found mainly in ventricular heart cells.

※写真は横河電機社の共焦点スキャナボックス「CellVoyager™ CV1000」で観察したものです。CellVoyager™は横河電機㈱の登録商標です。

製品リスト・価格

品番 製品名 希望小売価格(税抜)
RCDC001N ReproCardio 2™ (1 x 106 cells ) ¥95,000

※保存温度:液体窒素
※輸送方法:ドライシッパー
※本製品は細胞製品となりますので、培養には培地等の試薬が必要となります。
(下記関連製品をご参照ください)

関連製品

品番 製品名 希望小売価格(税抜)
RCDC101 ReproCardio2 Culture Medium(100 mL) ¥12,000
RCDC301 ReproCardio2 Assay Medium(100 mL) ¥18,000
RCHEOT001

ReproCoat

¥9,800
RCESD005 QTempo assay service お問い合わせ下さい

データ

細胞外電位測定(MEAアッセイ)

細胞外電位測定装置をご使用いただくことで、QT延長試験などの化合物評価することができます。またHERG試験で偽陽性を示す化合物に対しても陽性を示すことから、外挿性の高い試験を行うことが可能です。

QT延長を引き起こす化合物に対する評価試験

細胞内カルシウムイメージング

一般的なカルシウム感受性蛍光色素を使用することにより、心筋細胞のカルシウムイメージングを行うことができます。QT延長を引き起こす化合物を加えることにより、細胞内のカルシウムシグナルに変化が起こることが確認できます。また、濃度域に応じた不整脈用の波形が観察できます(黄色矢印)。

Flecainide (Na チャネルブロッカー)の添加により、拍動数の低下と不整脈が観察されました。

E-4031(Ikr アゴニスト)の添加により、拍動数の低下と不整脈が観察されました。

パッチクランプ法によるイオン電流測定

ヒト心筋細胞特異的なイオンチャネル由来の電流を計測・評価する事ができます。
*パッチクランプ試験には、別売りのReproCardio Coat for Patch Clampのご使用をお勧めいたします。

Spontaneous action potential (current clamp recording)

Spontaneous action potential (current clamp recording)

Sodium current (voltage clamp recording)

Sodium current (voltage clamp recording)

Calcium current (voltage clamp recording)

Calcium current (voltage clamp recording)

Potassium current (voltage clamp recording)

Potassium current (voltage clamp recording)

※上記ののパッチクランプ実験データは、株式会社薬物安全性試験センターにて取得された物です。
株式会社薬物安全性試験センター

膜電位測定

Screen QuestTM Membrane Potential Assay kit (AAT bioquest, Cat#36005) とμFDSS(浜松ホトニクス株式会社)を使用することにより、膜電位を測定することが可能です。

Screen QuestTM Membrane Potential Assay kit
(AAT bioquest, Cat#36005)

Note. Each bar mean Average ± S.E. (n = 8)
Note. The data was obtained by FDSS (Hamamatsu)

モーション解析

データ更新中

※ データは 株式会社サイフューズ様よりご提供


バイオ3Dプリンター(レジェノバ®)と
   ReproCardio2を用いた心臓様構造体作製

cyfuse

ReproCardio2は、拍動するヒトiPS細胞由来の心筋細胞であり、容易に3次元構造をとることができます。これらの特徴を活かし、株式会社サイフューズが扱うバイオ3Dプリンター レジェノバ®を用いて、心臓様構造体の作製が進められています。レジェノバ®で形成される高度な3次元構造体は、従来ではみられなかったモデルの構築や、再生医療への応用が期待されます。



≪心臓様構造体│作製方法≫



≪心臓様構造体│動きの観察≫



≪心臓様構造体│免疫染色と組織染色≫

心臓様構造体の内部は、細胞種ごとに極性を持って自発的に移動し、それぞれ特徴的な分布を示しました。


論文・発表

発表実績

  • Society for Biomolecular Sciences(SBS), 14th AnnualConference & Exhibition 2008 (St. Louis) ポスター発表 2008年4月
  • IBC Asia's 4th Annual Stem Cells Asia Congress (Singapore) 口頭発表 2008年6月
  • ELRIG and SBS Present: Drug Discovery (UK) ポスター発表 2008年9月
  • Advances in Stem Cell Discoveries (San Francisco) 口頭発表 2008年9月
  • Stem Cells: Drug Discovery and Therapeutics (London) 口頭発表 2009年2月
  • Society for Biomolecular Science 15th Annual Conference (France) ポスター発表
  • Best Poster 2009受賞 2009年4月
  • Stem Cells and Regenerative Medicine Europe (UK) 2009年9月 Best Poster 2009受賞
  • MipTec Conference 2009, October 13-15, Basel Invited Lecture
  • 第74回日本循環器学会総会「iPS細胞の臨床応用とその課題」(京都) 2010年3月
  • 日本薬学会第130年会(岡山) 2010年3月
  • Society of Toxicology (SOT). 51st annual meeting 2012 (CA, USA).  ポスター発表 2012年3月
  • 日本薬学会第133年会(横浜) 口頭発表 2013年3月
  • Safety Pharmacology Society (SPS). 13th annual meeting 2013 (Rotterdam, Netherlands). ポスター発表2013年9月
  • オートパッチとイオンチャネル発現細胞に関するセミナー2013(東京) 口頭発表 2013年11月

ReproCardio, ReproCardio 2

  • Datta-Chaudhuri, Timir, Pamela Abshire, and Elisabeth Smela. "Packaging commercial CMOS chips for lab on a chip integration." Lab on a chip 14.10 (2014): 1753-1766.
  • Datta-Chaudhuri, Timir, Pamela Abshire, and Elisabeth Smela. "Packaging commercial CMOS chips for lab on a chip integration." Lab on a chip 14.10 (2014): 1753-1766.
  • Mandenius, Carl-Fredrik, and Thomas Meyer. "High-throughput screening assays to evaluate the cardiotoxic potential of drugs." High-Throughput Screening Methods in Toxicity Testing (2013): 403-420.
  • Scott, Clay W., Matthew F. Peters, and Yvonne P. Dragan. "Human induced pluripotent stem cells and their use in drug discovery for toxicity testing." Toxicology letters 219.1 (2013): 49-58.
  • Takeuchi, Akimasa, et al. "Microfabricated device for co-culture of sympathetic neuron and iPS-derived cardiomyocytes." Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), 2013 35th Annual International Conference of the IEEE. IEEE, 2013.
  • Asai, Yasuyuki, et al. "Combination of functional cardiomyocytes derived from human stem cells and a highly-efficient microelectrode array system: an ideal hybrid model assay for drug development." Current stem cell research & therapy 5.3 (2010): 227-232.
  • Asai, Y. "Direct measurement of the QT interval in stem cell-derived cardiomyocytes for the assessment of QT liability." Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica 134.6 (2009): 320-324.
  • Szebenyi, Kornelia, et al. "Human pluripotent stem cells in pharmacological and toxicological screening: new perspectives for personalized medicine." Personalized Medicine 8.3 (2011): 347-364.

QTempo assay

  • Vidarsson, Hilmar, Johan Hyllner, and Peter Sartipy. "Differentiation of human embryonic stem cells to cardiomyocytes for in vitro and in vivo applications."Stem Cell Reviews and Reports 6.1 (2010): 108-120.
  • Lecina, Marti, et al. "Scalable platform for human embryonic stem cell differentiation to cardiomyocytes in suspended microcarrier cultures." Tissue Engineering Part C: Methods 16.6 (2010): 1609-1619.
  • Phillips, Blaine W., and Jeremy M. Crook. "Pluripotent Human Stem Cells."BioDrugs 24.2 (2010): 99-108.