QTempo: ヒトiPS細胞由来心筋による心筋毒性試験

製品分類 : ヒトiPSC-心筋細胞研究テーマ : 安全性試験

また一歩、in vivoに近づいたin-vitro QT延長試験

【特徴】

  • 拍動心筋細胞における、心電図のQT間隔に相当する波形を無侵襲の電気生理学的な手法を用いて測定するcell-based QT延長試験法です。
  • HERG試験ではFalse Negative, False Positiveを示す化合物でも、QTempoでは生体での応答に近い正確なデータを得ることができます。
  • 迅速かつ安価であるため、Post HTS, Hit-to-Leadにおけるnon-GLP毒性試験として最適です。
  • ヒトiPS細胞由来の拍動心筋細胞を使っています。
  • QT延長だけでなく、拍動数の変化、Kイオン以外の複数イオンチャネルへの影響も観察できます。

QTempoは、生体内の心筋活動の複雑な相互作用をin vitroで捉えることのできる非臨床アッセイです。QRS complexとT波から構成される心電図様の電気的な記録を測定する事により、QTempoはQT延長や心拍数のような重要な情報を数値化することが出来ます。

QTempoで使用されるReproCardio心筋細胞塊は、安定した信頼できるデータを長時間にわたって生み出します。そのために一つの化合物に対して多くの濃度条件のデータを連続して同じ心筋細胞塊から取得する事が可能であり、化合物の与える影響についてより確信できるデータを得る事ができます。QTempoは、hERGアッセイで検出できなかった心毒性化合物も性格に検出し、臨床における結果と完全に一致する結果を生み出しております。

概要

QTempo受託試験の厳密なクオリティコントロール

QTempo受託試験には、試験前の厳密なクオリティコントロールを合格した心筋細胞塊のみが使用されます。

  • Na+ 電位変化の大きさ: 40 uV 以上
  • K+ 電位変化の大きさ: 2 uV 以上
  • K+波と Na+波との間隔: < 600 msec
  • 拍動頻度: 30~60 beats/minute
    (化合物処理前3分間の平均値)
  • 拍動頻度の変化: < 10 bpm

報告書サンプル

論文・発表

発表実績

  • Society for Biomolecular Sciences(SBS), 14th AnnualConference & Exhibition 2008 (St. Louis) ポスター発表 2008年4月
  • IBC Asia's 4th Annual Stem Cells Asia Congress (Singapore) 口頭発表 2008年6月
  • ELRIG and SBS Present: Drug Discovery (UK) ポスター発表 2008年9月
  • Advances in Stem Cell Discoveries (San Francisco) 口頭発表 2008年9月
  • Stem Cells: Drug Discovery and Therapeutics (London) 口頭発表 2009年2月
  • Society for Biomolecular Science 15th Annual Conference (France) ポスター発表
  • Best Poster 2009受賞 2009年4月
  • Stem Cells and Regenerative Medicine Europe (UK) 2009年9月 Best Poster 2009受賞
  • MipTec Conference 2009, October 13-15, Basel Invited Lecture
  • 第74回日本循環器学会総会「iPS細胞の臨床応用とその課題」(京都) 2010年3月
  • 日本薬学会第130年会(岡山) 2010年3月
  • Society for Laboratory Automation and Screening (San Diego) ポスター発表 2012年2月
  • Society of Toxicology (SOT). 51st annual meeting 2012 (CA, USA).  ポスター発表 2012年3月
  • 日本薬学会第133年会(横浜) 口頭発表 2013年3月
  • Safety Pharmacology Society (SPS). 13th annual meeting 2013 (Rotterdam, Netherlands). ポスター発表2013年9月
  • オートパッチとイオンチャネル発現細胞に関するセミナー2013(東京) 口頭発表 2013年11月
  • 第7回武田科学振興財団薬科学シンポジウム(大阪) ポスター発表 2014年1月

論文

ReproCardio, ReproCardio 2

  • Datta-Chaudhuri, Timir, Pamela Abshire, and Elisabeth Smela. "Packaging commercial CMOS chips for lab on a chip integration." Lab on a chip 14.10 (2014): 1753-1766.
  • Datta-Chaudhuri, Timir, Pamela Abshire, and Elisabeth Smela. "Packaging commercial CMOS chips for lab on a chip integration." Lab on a chip 14.10 (2014): 1753-1766.
  • Mandenius, Carl-Fredrik, and Thomas Meyer. "High-throughput screening assays to evaluate the cardiotoxic potential of drugs." High-Throughput Screening Methods in Toxicity Testing (2013): 403-420.
  • Scott, Clay W., Matthew F. Peters, and Yvonne P. Dragan. "Human induced pluripotent stem cells and their use in drug discovery for toxicity testing." Toxicology letters 219.1 (2013): 49-58.
  • Takeuchi, Akimasa, et al. "Microfabricated device for co-culture of sympathetic neuron and iPS-derived cardiomyocytes." Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC), 2013 35th Annual International Conference of the IEEE. IEEE, 2013.
  • Asai, Yasuyuki, et al. "Combination of functional cardiomyocytes derived from human stem cells and a highly-efficient microelectrode array system: an ideal hybrid model assay for drug development." Current stem cell research & therapy 5.3 (2010): 227-232.
  • Asai, Y. "Direct measurement of the QT interval in stem cell-derived cardiomyocytes for the assessment of QT liability." Nihon yakurigaku zasshi. Folia pharmacologica Japonica 134.6 (2009): 320-324.
  • Szebényi, Kornélia, et al. "Human pluripotent stem cells in pharmacological and toxicological screening: new perspectives for personalized medicine." Personalized Medicine 8.3 (2011): 347-364.

QTempo assay

  • Vidarsson, Hilmar, Johan Hyllner, and Peter Sartipy. "Differentiation of human embryonic stem cells to cardiomyocytes for in vitro and in vivo applications."Stem Cell Reviews and Reports 6.1 (2010): 108-120.
  • Lecina, Marti, et al. "Scalable platform for human embryonic stem cell differentiation to cardiomyocytes in suspended microcarrier cultures." Tissue Engineering Part C: Methods 16.6 (2010): 1609-1619.
  • Phillips, Blaine W., and Jeremy M. Crook. "Pluripotent Human Stem Cells."BioDrugs 24.2 (2010): 99-108.

アッセイリスト・価格

品番 アッセイ名 測定データ 希望小売価格(税抜)
RCESD005 QTempo assay service 1化合物・1細胞塊あたり
Dose: 12 data points (0含む)
QT延長
拍動数変化
内容は個別に柔軟に変更いたしますので、お問い合わせ下さい。
お問い合わせ下さい

関連製品

品番 製品名 希望小売価格(税抜)
RCDC001N ReproCardio2™ ¥95,000
RCDC101 ReproCardio2 Culture Medium(100 mL) ¥12,000
RCDC301 ReproCardio2 Assay Medium(100 mL) ¥18,000
RCHEOT001 ReproCoat(500 mL) ¥9,800