ReproNeuro AD-mutation NEW

製品分類 : ヒトiPSC-アルツハイマー型神経細胞研究テーマ : アルツハイマー病, 病態解明, 薬効試験

AD-mutation
製品概要

≪変異型Presenilin1を遺伝子導入したヒトiPS細胞由来の神経細胞≫

健常者由来のiPS細胞にアルツハイマー病の原因遺伝子の1つである変異型(P117L)Presenilin1を遺伝子導入し、神経前駆細胞へと分化誘導しました。


【特徴】

    • ヒトiPS細胞にアルツハイマー病の原因遺伝子Presenilin1(PS1)を導入し、神経前駆細胞へと分化誘導しています。
    • Presenilin1に変異(P117L)が入っています。
    • アルツハイマー病のモデル細胞として使用可能です。
    • 凍結した神経前駆細胞をお届けします。
    • 解凍・播種後、14日間程度で神経細胞が得られます。
    • 京都大学と共同で開発いたしました。

※保存温度:液体窒素

製品リスト・価格

品番 製品名 希望小売価格(税抜)
RCDN002N ReproNeuro AD-mutation
※細胞数: 3 x 106 cells/vial(凍結細胞、96 well plate 1枚分)
¥90,000

関連製品

アルツハイマー病患者由来のアルツハイマー病モデル細胞

アルツハイマー病患者よりiPS細胞を樹立し、神経前駆細胞へと分化誘導した製品をご用意しております。
詳細については ReproNeuro AD-patient 1 をご覧ください。

  

カスタムメイドの疾患モデル細胞

ご要望に応じて疾患モデル細胞を作製いたします。疾患患者からのサンプル採取から、RNAを用いたiPS細胞の樹立および分化細胞の製造を受託いたします。各ステップだけの受託もお受けいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

関連試薬

品番 製品名 希望小売価格(税抜)
RCDN101

ReproNeuro Culture Medium(40 mL)

¥39,000
RCDN102

ReproNeuro MQ medium™

培養用培地セット:MEAアッセイに最適

  • ReproNeuro MQ medium™(40 mL)
  • Additive(520 μL)
¥45,000
RCDN201

ReproNeuro Coat(1vial )

コーティング剤:ReproNeuroシリーズの神経細胞のコーティングに最適

¥12,000

参考文献

  • Makoto Honda, Itsunari Minami, Norie Tooi, Nobuhiro Morone, Hisae Nishioka, Kengo Uemura, Ayae Kinoshita, John E. Heuser, Norio Nakatsuji, Kazuhiro Aiba. The modeling of Alzheimer's disease by the overexpression of mutant Presenilin 1 in human embryonic stem cells. Biochemical and Biophysical Research Communications 469, 3(2016):587-592

  • Sakurai K, et al. “Efficient integration of transgenes into a defined locus in human embryonic stem cells.”Nucleic Acids Res. (2010): Apr;38(7):e96.