トップメッセージ

iPS細胞事業から再生医療へ。
これまでにない次世代ライフサイエンス事業の創出を。

株式会社リプロセルは、日本で初めてヒトES細胞が樹立された2003年に、その樹立に成功した京都大学再生医科学研究所・所長(当時)の中辻憲夫教授と東京大学医科学研究所の中内啓光教授の技術シーズを基盤として設立されたバイオテクノロジー企業です。
2007年には京都大学の山中伸弥教授により初めてヒトiPS細胞が樹立されました。このように、「万能細胞」と呼ばれるES細胞/iPS細胞の歴史はまだ浅いのですが、創薬支援、テーラーメイド医療、再生医療など、これまでに無い次世代のライフサイエンス事業を生みだす分野として大きく注目を集めています。

リプロセルは2007年にヒトiPS細胞の専用試薬を販売開始し、2009年には世界で初めてヒトiPS細胞を用いた創薬支援事業を開始するなど、これまでiPS細胞ビジネスの先駆者としての役割を果たしてきました。今後も、iPS細胞技術を中核として、研究試薬、創薬支援、臨床検査などの分野で事業展開を進めてまいります。

リプロセルでは、「顧客本位」、「誠実と信頼」、「フロンティアスピリット」の3つの行動指針を定めております。会社の存在価値は、顧客に付加価値を提供し、それが最終的に社会貢献に結びつくことと明確に位置づけ、何事に対しても誠実に取り組み、失敗を恐れず新しいことにチャレンジすることを重視しています。事業活動を通じて、再生医療の実現をはじめとした次世代医療の発展に貢献することを目指しております。