沿革

2003年2月株式会社リプロセル設立
5月東京大学医科学研究所と共同研究契約を締結
6月京都大学と共同研究契約を締結
2004年8月Nanog抗体の販売開始
2005年4月ES細胞培養試薬事業を開始
6月東京都港区に自社研究所を設立
6月フローサイトメトリー受託事業を開始
7月NEDO委託事業「研究用モデル細胞の創製技術開発」を開始
2006年12月登録衛生検査所登録。臨床検査受託事業を開始
2007年11月京都大学山中伸弥教授が世界初のヒトiPS細胞の樹立に成功。樹立/培養に当社の培養液が使用される
2009年4月ヒトiPS細胞由来心筋細胞の製造販売開始(世界初のiPS細胞事業)
2010年1月オフィス・研究所を横浜市港北区新横浜に移転
8月近畿経済産業局「地域イノベーション創出研究開発事業」に採択
10月ヒトiPS細胞由来神経細胞の製造販売開始
2011年1月アメリカに販売子会社ReproCELL USA Inc.を設立
3月関東経済産業局「地域イノベーション創出研究開発事業」に採択
4月ヒトES/iPS細胞用のフィーダーレス培地ReproFF2の製造販売を開始
5月NEDO「ヒト幹細胞産業応用促進基盤技術開発」に採択
2012年1月新横浜の本社・研究所スペースを増床
2月第7回 日本バイオベンチャー大賞にてバイオインダストリー協会会長賞受賞
5月ヒトiPS細胞由来肝細胞の製造販売を開始
6月ヒトiPS細胞由来アルツハイマー病モデル神経細胞の製造販売を開始
8月パーキンエルマージャパン社とヒトiPS細胞アルツハイマー病モデル細胞に関して販売協力で合意
9月第10回産学官連携功労者表彰・厚生労働大臣賞を大阪大学・医薬基盤研究所・リプロセルで共同受賞
10月京都大学山中伸弥教授がノーベル医学生理学賞を受賞
12月ReproCELL USA Inc.がボストンに販売拠点を設立
2013年6月大阪証券取引所JASDAQ(グロース)に上場
10月京浜臨海部ライフイノベーション国際戦略総合特区として新横浜地区(㈱リプロセル)が採択
11月タカラバイオ社と協業でカスタムメイド疾患モデル細胞を製造販売を開始(細胞製品)
2014年2月次世代の創薬・医療ビジネスの創造にフォーカスしたベンチャーキャピタルファンド「Cell Innovation Partners, L.P.」の無限責任組合員への出資等を行う子会社、RCパートナーズ株式会社を設立
2月一般社団法人 日本血液製剤機構が実施する臨床試験に係わる臨床検査測定業務を受託し、業務委受託契約を締結
3月SBIファーマ株式会社との5-アミノレブリン酸(ALA)を応用した ES/iPS 細胞関連技術に関する共同研究契約を締結
7月Reinnervate(英国)を子会社化
9月BioServe(米国)を子会社化
10月Stemgent(米国)の iPS 細胞事業部門を米国子会社 ReproCELL USA により事業買収し、同子会社名を Stemgent に社名変更
11月リプロセルグループ各社製品の相互販売開始
11月株式会社スリー・ディー・マトリックスの研究試薬「PuraMatrix®」と当社細胞製品「ReproHepato™: ヒトiPS 細胞由来肝細胞」の培養製品キット化に向けた包括研究開発を開始
12月東京女子医科大学との共同研究開発「ヒトiPS細胞由来心筋細胞の大量製造システムの開発」に対する「横浜市特区リーディング事業助成金」採択
2015年1月造血幹細胞の増幅方法に関する国内特許成立
2月遺伝子改変したカスタムメイドの iPS 細胞の提供を目的として米国のグループ企業Stemgentと米国の遺伝子工学サービス企業Transposagen Biopharmaceuticals, Inc.との業務提携
3月遺伝子情報の大量解読装置 次世代シーケンサーを導入
3月ヒト上皮細胞並びにがん細胞の培養試薬に関して国立がん研究センターとの共同研究契約を締結
4月Total Lab Systems Ltd.とのニュージーランドにおける販売業務提携を開始
5月Nano3D Biosciences, Inc.とのグローバル販売業務提携を開始
6月慶應義塾大学と疾患型(肥大型心筋症)iPS 細胞由来心筋細胞の独占販売に関するライセンス契約を締結
7月当社事業「創薬応用可能な高機能なヒト iPS 細胞由来肝細胞キットの試作品開発」が「平成26 年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金」に採択
8月当社事業「大量供給可能で高機能なヒト iPS 細胞由来心筋細胞の試作品開発」が「平成 27年度革新的ものづくり産業創出連携促進事業補助金」に採択
9月慶應義塾大学と疾患型(遺伝子性の心臓病「QT 延長症候群」)iPS 細胞由来心筋細胞の独占販売に関するライセンス契約を締結
9月味の素株式会社のヒト iPS 細胞向け高機能培養液「StemFitR AK02N」を販売開始
11月造血幹細胞の増幅方法に関する米国特許出願が審査通過
11月創薬支援サービス(CROサービス)を手掛けるBiopta Limited 社の株式取得(完全子会社化)
2016年3月本社研究施設を増床